2013年06月07日

…まだまだだ。

昨日、街中でばったり、ずっと会っていなかった友だちに出くわした。
2年ぶりくらい。
彼女が職場を変わって以来。

彼女は以前、大学生と高校生の息子2人を連れてうちに遊びに来たことがあって、
「うちの息子たちがね、いまだに、
あの時、自分の手につんつんと鼻を押し付けてきたうさぎ、
本当に胸がきゅんとした、と話すのよ。
あの大きなうさぎも元気?」と言うものだから、
「あの子はおととしの年末に突然死んじゃってね」と返したら・・・


あらららら。
なんで?
なんで炎龍が逝って1年半にもなるというのに涙があふれるんだ。
自分で自分にびっくりしちゃった。


きっと・・・ずっと炎龍の話題は避けてて、
聞かれても話をそらして、
仕方なく死んだことを話すときにも、
まるでよくある平凡な話、みたいにしか語ったことがなかったのに、
ふいに炎龍を知っている人に会って、「あの時」と情景鮮やかに話されたもんだから、
私も構えるまがなかったんだろう。


先日も、職場の人に「そういえば、世話をしていた小学校のうさぎは?」と聞かれて、
今は遠い場所で幸せに暮らしていることを説明して、
「でもね、いまだにスーパーであの子が好きだった野菜やりんごを見るたび、
なんだか哀しい気持ちになって」と口にしたとたん・・・声が震えてしまった。

その人に「馬鹿ね、あんた。わが子を手放して」なんて苦笑されちゃった。


仕方がない。
まだまだ・・・もう少し、こういうことを繰り返して、
そしていつか、心の底から笑って話せるときがくる。



20111018f_m1.jpg

ニックネーム Lin at 21:27| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は4年かかりましたよ。それも、こゆきがいたから出来たのだと思います。
なんだかね「かーさん わたちはごようがすんだから、こんどはこのこをおねがいね。このこは ここにくるこだから」と言っているような気がして。(ユキの御用は、「ウサギの面白さと賢さを教えて、うさぎ道を案内しなさい」とうさぎの神様が命じた気がするの。)
ショップでケージを開けただけで奥にひきこもったこゆきは、やんちゃであまったれなんだけど、それより臆病が先に来て、人なれしない。
臆面も無く言えば、ホームセンターに来る人なんてきっとウサギ初心者で、ケージで飼って、それじゃいつまでもウサギの賢さ面白さが分かってもらえない子。下手をすれば、餌をもらって生きているだけの子になっちゃう。
そんな子だから、ユキは自分の場所を譲ったような気がするのね。
あまりユキを恋しがると、「それじゃ わたちはきちゃいけなかったの?」とこゆきが言うような気がして。
それでも恋しくて、思い出すたびに涙したけど。やっぱり、こちらが心の拠り所にしていたんでしょうね。白くて大きなふぉーちゃんは、頼り甲斐あったものねぇ(^^)
気がつけば、こゆきもこの秋6歳。もう6年もたつのね。あまりにも鮮烈な個性の子が、若くして突然旅立ってしまうと、思いはなかなか昇華できないけど、出会えたことを心から感謝しています。

写真 見ているだけで、こちらも涙が出ちゃいます。ふぉーちゃん またね。


Posted by チーママ at 2013年06月08日 11:33
まだまだだよね…
Posted by くろママ at 2013年06月09日 10:22
まだまだ、で良いと思いますよ。
Posted by メリル at 2013年06月12日 11:12
みんなありがとう。
うさ飼い友だちはみんな優しいから大好き。

チーママ、じゃ私はあと数年はこらえなきゃダメなのね。
ラムちゃまやののちゃんの死は、それが避けられず、それまでに精一杯できるだけのことをして見送ったものだったからか、
彼らの死はストン・・・と落ち着いたのよね。
なのに炎龍の死はあまりに突然だったからか、いまだに「あれはないよな」なんて気持ちがある。


くろママ
何度もメールを書いていたけど、どうしても言葉が見つからなかった。
私自身がこうなんだもの、ましてやくろママは―と。
私たち、弱いんだろうか。
どうしてもっと強くなれないのか、と思っちゃう。

メリルさん
で、あなたはどお?大丈夫?
私にも何も言わないし、あえて私も話題にしなかったけど。。。

私、ほんとのほんとは、今度こそ長生きしてくれるモルちゃんと出会いたいよ。
Posted by Lin【まとめてレス】 at 2013年06月12日 23:30