2012年12月21日

冬至

今日は冬至。
昨年の今日、炎龍が急逝した。

最も夜が長いこの時期―太陽の力がもっとも弱く感じるときに、
太陽のようにまぶしいほど明るくおおらかな子は、
まだ夜明け前の闇の中で突然息を引き取った。

異変に気がついて飛び起き、大きな体の彼女をとっさに抱きかかえたまま、
私は何もできず、そうして息絶えた彼女を呆然と抱いている間にようやく夜が明けた。


私は残念ながらロマンチストではないので、死後の世界も不滅の魂の存在も信じていない。
きっと、そんなことはないのだと思っている。
けれど・・・もしも自分が死んだら、先に死んだ親しいものと遭えるというのが本当なら・・・

炎龍があの大きな体をどさどさ揺すって、びちびち小躍りしながら
「おがざん!」と、あの笑顔で迎えにきてくれるとしたら―
私は死というものはなんてステキなことだろうとすら思う。


20110515for1.jpg

    今でもおまえの匂いを覚えているよ。


炎龍だけじゃない。
ののちゃんにも、ラムちゃまにもまた遭えるというのなら―


20110515non1.jpg

     ののちゃんは炎龍より3週間早く―
     2011年は悪夢のような1年だった。
     3匹の草食ユニットが相次いで亡くなった。


20110522lamm1.jpg

     ラムちゃまは8月に、壮絶な9ヶ月間の闘病の末に。


20110504all1.jpg

     今にして思うと、天国は天上にあったのではなく、まさにここにあった。
     こんな光景はおそらくもう二度と再現されないと思う。


20110504n_m1.jpg

     鼠のお姉ちゃんと、巨猫の弟と


20110515f_m1.jpg

     猫とじゃれるのが楽しくて仕方なかったうさぎと


でも・・・きっともう遭えないだろう。
死んで遭えるものならこんなに嘆く必要はない。
でも、きっともうおまえたちに遭えることはどんな世界でも絶対にないんだろう。
・・・だからこんなに哀しいんだ、と最近は思う。


20110522for1.jpg

     ふぉーちゃん、おまえともう少し一緒にいたかったな。
     ふぉーちゃんのことをどれほど誇らしく思って、どれほど愛していたか、
     ちゃんとおまえに伝わっていただろうか。



※ふぉーちゃんの動画です。
最近は冷静に、懐かしい気持ちで見れるようになりました。
ののちゃんも大あくびしています。
(高画質にしてご覧ください)





今日、プロフィール欄の炎龍の写真を外します。



ニックネーム Lin at 00:00| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふぉーちゃんのプロフィール・・・なくなって寂しいです。
Posted by KANSAI at 2012年12月22日 01:52
私はとても冷静に見られなかった。
号泣して見たわ。

しつこくしつこく「なでれ」と頭を突き出していたふぉーちゃん。
彼女は幸せだったよ。
いつも楽しそうだった。
ほんと、それは間違いない。
Posted by HANA at 2012年12月22日 22:49
私はまた会えると思っているの。
だから死ぬことは怖くなくて、ちょっぴり楽しみだったりする。何にもないのならそれでもいいけど、自分が旅立ったら大挙してドドドッって猫やらウサギやらハムスターやら金魚やら、その他もろもろ押し寄せてきたらうれしいじゃない?
そうしてもらえるように、一緒にいる間一生懸命愛してあげる。
「さぁ みんなにさよならの時間だよ」って、ノン(愛猫)とユキ(きっとその時はシジミもこゆきもだね)が、枕元に迎えに来るの。そう思えば、楽しみが待っている終末もいいかなって思うのね。
まぁ、Linさんも、私みたいにもう少しお墓が近くなったら、そう思えるかもよ?(^^;;
Posted by チーママ at 2012年12月23日 18:14
どのこもみんないとおしいですね。。。
寂しいけれど、存在していた命の輝きは美しい。

私もあちらに行ったら会いたいと思うけど、たくさんいすぎて大変だなーって思ったりする;
それぞれゆっくり会いたいんだけど(*^^*)
私はあの世より来世を楽しみにしてます。
これだけの関わりがあったんだから、きっとまた出逢える♪
記憶がなくてもいい…また絆を深めていけるはず☆"
Posted by らびまま at 2012年12月24日 23:49
★KANSAIさんへ
炎龍の写真を外すのに1年もかかりました。
ようやく、区切りをつけようという気持ちになれました。

今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

★HANAちゃんへ
もっといっぱい動画も撮影していたらよかったな。
それでもふぉーちゃんたち草食ユニットたちの動画は多いほうで、
猫たちの動画はほとんどありません。
やっぱり、スティールとはまた違うよさがあるものだね。

この動画で、ふぉーちゃんが何と思っているか、私には手に取るようにわかるよ。
変なもんだね(笑)

今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

★チーママさんへ
私も以前は死んでも魂は天上に行く、
先に亡くなった魂と再会できると思っていた時期もあったんだけど・・・
所詮それは生者の悲願、なぐさめに過ぎないのではと思うようになったのよ。
なぜだか、たくさんの愛しい子たちを送り出すうちにそういう心境になった。
だからこそ、命は計り知れないほどかけがえがなく、
だからこそ生きている時の一瞬一瞬を大切にしなきゃならない、
いつか二度と遭えなくなるんだから、と。
と、思っていたはずなのに・・・

いつか、また死んだらあの子たちが迎えに来てくれると信じられるようになるかなぁ。。。
もしそうだったら・・・私、みんなの名前間違えずに全部言えるかなぁ。

今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

★らびままさん
来世・・・できれば私は一生動物には興味を持たない人間になりたい。
そうでなければ今度は自分がうさぎか猫に生まれ変わるかも。
これまでのうさぎたちや猫の中に、すでに私の前世か来世を生きているような、そっくりな子がいたもの(笑)

今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
Posted by Lin【まとめてレス】 at 2012年12月31日 09:35