2012年12月02日

旅立ちの前に

昨日夕方から札幌は大雪。
気温もぐんと冷え込んで-5℃以下。
仕事帰り、チョコの小屋に着いたときにはすでに寝室のドアも容易に開けられないほど
降り積もり、しかもまだまだ止まない様子。

チョコは雪が降り出してから一度も寝室から外に出た様子もなく、
もう冷たくなったカイロの上に座り込んでいて―
寝室の中もちょうど0℃。
飲み水が凍りかけていた。

いつも通りペレットや野菜をあげて、カイロを取り替えてあげて、
運動場の雪かきをして、それでいったん帰宅したものの―

去年まではまだこの程度の冷え込みだったらカイロは入れてあげなかった。
年明け後くらいにはさらに冷え込むし、
チョコは大雪になっても、雪煙を上げて運動場に出て遊んでいたから。
でも・・・今年は雪が降るようになってから、チョコはほとんど寝室の外に出ている様子がない。
寝室の地面に掘ったトンネルが気に入って外に出る気がないだけなのか、、、
0℃くらいの気温で寒がっている様子など今まで見たことがなかったのに。

と、思っているうちになんだか不安がどんどん高まって、
本当は12月4日に小学校の全体朝礼で子どもたちに「チョコは引退します」と説明して
引き取る予定だったので、
「あと3晩がんばれ」と言い置いてきたのだけど―

20121129cho4.jpg

       毎日のカイロが欠かせなくなっちゃった。


そうなの。
気になっていた方もいらっしゃると思いますが、
チョコはこのたび、縁あって岩手の方から「ぜひ」にと熱烈ラブコールをいただいて、
12月9日旅立つことになりました。

学校側と何度か面談し、理解をいただき、快く送り出せることになりました。
特に空輸の心配などいろいろあるけれど、
里親さんが当日新千歳空港までとんぼ返りで迎えに来てくださるので、
客室と同じ室温の専用スペースで行くことができます。


チョコにとっては、きっと最初で最後のチャンス。
なにより、チョコを心から迎えたいと熱望してくださる方のもとなら、
きっと楽しい安らかな余生を楽しめるはず。
それで、チョコを託すことに決めました。


20121129cho2.jpg
     先日、生まれて初めて動物病院でレントゲンを撮ったよ。
     循環器や骨格や呼吸器などに異常があったら飛行機に乗せられないからね。
     もし、、、万が一異常が見つかったら、私が引き取ることに決めていました。
     「ここ、どこさ・・・」


20121129cho3.jpg
     レントゲン撮影の時に大暴れしたらしく、直後は心臓麻痺を起こすのではと震え上がるほど
     すっかりヘタってしまって・・・
     仕方ないよね、これまでこんなことされたことないんだものね。


20121129cho1.jpg
     帰りはダウンの中に抱いて。やっぱり、怯えるうさぎにはこうしてあげないと。。。
     ラムちゃま以来だ。ダウンの中にうさぎを抱いて歩くのは。

  

検診の結果は、脊椎に椎間板ヘルニアの兆候こそあれ、
骨もまだしっかりしていて、心臓や肺や消化器官にも異常は見当たらず。
どこまでも空輸は心配だけれど、
考えてみると、空輸の際に誰かに無理やり体を固定されるなんてことはないわけだから、
レントゲン撮影よりはチョコにとってはマシかも。

それでも、レントゲン撮影のショックで体調を壊したのではないか、と気になって、
仕事に行く前と帰り、必ず寄って見ていたのだけど、
食欲はあるし、私にもいつも通りにすり寄ってくるから
ショックの後遺症はないと思うのに・・・やはりほとんど寝室から出ている気配もなく。
やはり・・・今のチョコには寒さが辛いんだと感じた。

で、学校側の要望で、12月4日全校朝礼で子どもたちにチョコが旅立つ説明をして、お別れをさせて、
そのままチョコをうちにつれてきて、
で、9日新千歳空港で里親さんに引き渡す―という予定だったんだけど・・・

もしかしたらこのタイミングの引退は、本当にギリギリだったのかも。
今のチョコにはこの寒さに耐えられる限界なのかも。
あと3晩だけだから、と無理を強いたために、
せっかくの目前のチャンスをふいにしてしまうことにでもなったら―

そんな不安でいっぱいになって、
結局・・・大雪の中またチョコの小屋に戻っていって、チョコをうちにつれてきちゃった。

20121202cho1.jpg
      「へへっ2ヵ月半ぶりにお邪魔します」


12月4日の挨拶の時にチョコも同伴させて子どもたちとお別れさせて来ればいいでしょう。


・・・・・・・・・私、ここ数年でこんなに安らいだことなかったかも。
吹雪のなか、寝室の中も凍り付いているこの季節に、
チョコはもう寒い思いをすることもないんだ、という安堵感。
ちゃんと食べるものがあるだろうか、きれいな水をもらっているかと
もうそんな心配しなくていいんだ―

チョコがそばにいる気配を感じながら、なんだか何時間でも眠れそうな気がする。


ずっとチョコの行く末を心配してくださった皆さんに感謝申し上げます。
正直・・・観念して私がチョコを引き取る心積もりでいましたが、
思いがけず良縁を結ぶことができました。
ご自身のブログでチョコのことを取り上げていただいたり、
呼びかけてくださったり、励ましていただいたり・・・本当にたくさんの方々にお世話になりました。
ありがとうございます。
うさ飼い同士の温かい思いやりに胸を打たれました。


20121202cho2.jpg
       「おれっち、やっぱしLin家の息子になっちゃったの?」
       ううん、本当の家には9日に出発するんだよ。


20121202cho4.jpg
       「ここ、あったかいね」うちにつれてきてからもカイロを入れてあげてます。
       それでもカイロの上に乗っかってるんだから、今までどれほど辛かったことか。


先日、病院の帰り、チョコをダウンの胸元に入れて歩きながら、
しみじみ思った。
うさぎはこんなにもろくて繊細で心もとない。
今まで何度そう実感してきたことか。
だから、猫たちには多少のことなら我慢させることができても、
うさぎにはそれができず、どうしても過保護にしちゃうんだ。
でも、、、
うさぎというものは、大事に大事に大事に大事に大事にするものなんだ、と。


20121202cho3.jpg
      あと1週間、楽しく過ごそうね。
      まいこ〜とルカちゃんもチョコと遊びたくてうずうずしてるよ。
      「・・・・へへっ」







ニックネーム Lin at 22:27| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
6年以上もよくやったね、Linちゃん。
そして、よく8年も頑張ったね、チョコ。
今回の良縁はふたりへの兎神様からの最高のプレゼントだね。

空港で泣くんじゃないよ(笑)
Posted by HANA at 2012年12月03日 09:16
良かった!良かった!良かった!

Linさん、6年も悩みながらお世話してきて、チョコちゃんとの別れは寂しいでしょうけど…本当にお疲れさまでした、いえ、ありがとうございました!(涙)
チョコちゃんは故愛兎に色違いでそっくりだったし、心揺れたりしましたが、新しい家族と出逢えて本当に良かった!(;ω;)
Posted by ごつ at 2012年12月03日 13:37
あーー、よかった、よかった。
Linさん、お疲れ様でした。兎神様、最高!

チョコちゃん、がんばったね。
ちょっとの間だけど、
Linさんに思う存分甘えて、たっぷり食べて、寝て、そして新天地へ元気に旅立とうね。
Posted by はるみ at 2012年12月03日 18:01
最後の画像のチョコちゃん、安らいだ表情してますね。
タイトルを呼んで一瞬…、最悪の想像をしましたが 良縁が纏まりまして、良かったです…。


結局、何のお手伝いもできなくて申し訳ありません……
Posted by メリル at 2012年12月03日 18:10
う…うれしい!!(爆涙) うわぁーーーん。
チョコちゃん よかったねぇ。もう寒さをこらえて固まらなくてもいいんだよ。暖かいお部屋で、ぬくぬく体を伸ばして寝ていいんだよ。今までがんばった分、元気に長生きするんだよ。それが何よりのLinさんへの恩返しだからね。

いくら大事にしてもいいのが、ウサギだと思います。犬はしつけが必要。猫も我慢ができる。
でもウサギは、真綿でくるむように大事にして良い。大事にしすぎて困ることがない。本当に不思議なガラス細工のよう。 大事に大事にしたお返しは、無垢な信頼と愛情。年とともに、いとしさが募る。いつかは淡雪のように消えていくのだけど…  今晩もまた、懐で安らかに眠る息子の寝顔を見ながら、こちらの心も解けていきます。

Linさん 本当に良かったですね。旅立つまで、チョコちゃんと一緒にぐっすり寝てくださいね(^^)
Posted by チーママ at 2012年12月04日 22:12
覚えていますでしょうか?
5年ほど前、高齢うさぎの手術の件でご相談をさせていただいたミントうさぎです。
あの時6歳だったうちのうさぎですが、今も元気にしています。
年明けに11歳になりますが、まだまだ元気です。
こちらをずっと読んでいて、チョコちゃんのことが心配で心配で、でも何もしてあげられないことで心が動揺するので、しばらくHPを覗いていませんでした。
でもどうしても気になるので、今日見てみてまだ引き取りが決まっていなかったら、家族に相談しようと思って覗きに来たら、嬉しい情報が!
余りの嬉しさに大泣きしてしまいました(笑)
うちは京都なので移動も大変だし、でも寒さの中震えているチョコちゃんを思うと引き取りたいし…と堂々巡りでした。

本当にお疲れ様でした。
これからのチョコちゃんに大いなる幸あれ!
そして時々、元気なチョコちゃんの写真を載せてくださいね☆
Posted by ミントうさぎ at 2012年12月05日 10:09
チョコちゃん。良かった。
本当に良かったね。Linさん。ありがとうございます。お疲れ様です。
Posted by たにこ at 2012年12月07日 13:00
よかったよーーー(´;ω;`)
ほんとうによかった。
千歳まで迎えにきてくださる里親さま
チョコちゃんを大事にしてくださるのですね。
よかったです。

本当に余生はふかふかで
あったかいおうちで
なでなで幸せになってね。

なっていいんだよ。

さて、わたしもがんばる。
Posted by みづりん at 2012年12月07日 18:19