2011年12月21日

炎龍、急逝

私の家から、うさぎがいなくなった。
1匹も。
そんなこと今まで一度も考えたこともなく、
実際この家に暮らしてからの18年間、一度もなかったのに。


今朝6時30分ごろ、炎龍が急逝しました。
激しい物音で目が覚め、駆けつけると炎龍はすでに不自然に仰向け状態にひっくり返っていて、
「癲癇の発作?なに?」と、灯りをつけるまもなく体勢を直して抱きかかえ、
背中をさすったりしているうちに程なく、大きな声で泣きはじめた。
凍りついた。

「さようなら」でも「痛い」でもない、
彼女は「助けて、死にたくない」と、大声で何度も何度も哀しげに泣き叫んだ。
私もふぉーちゃん、と絶叫して、さらにさすっているうち、
泣き止んだとたんに息の吸い込みの間隔が徐々に間遠くなり、そしてついに止まってしまった。
失禁して、よだれが流れていた。

その間揺さぶり、体をさすり、叩いてもどうにもならず、
息が止まってからも心臓マッサージと人工呼吸を30分以上続けたけれど、
彼女が息を吹き返すことはなかった。
私が駆けつけ、息を引き取るまで、わずか1分足らずのこと。

こんなことって。

あまりのことに納得ができず、
午後かかりつけの病院で剖検をしてもらいに、まだ温かい体のふぉーちゃんを抱いて行った。
けれど・・・剖検前のレントゲンでは何か喉に詰まらせたとか、腸閉塞を起こしているとか、
あるいはどこかに腫瘍があった、転んで頭を打ったというものは一切見当たらず、
となると、もともとてんかんを持っていたことを考えると、
数年ぶりの大発作に多臓器不全を起こして亡くなったと考えるのが妥当で、
結局、脳組織の剖検までは行えないため、そのまま傷をつけずに帰宅した。


私が就寝してからわずか3時間半後のこと。
ここ数日は機嫌も体調もよく、昨日はOFF日だったので、
ほとんど彼女は甘えて私にくっついていた。
ほとんどの時間を彼女はリビングで過ごしていた。
体調や機嫌が悪いとうさぎ部屋から出てこないので、やはり気分がよかったということだ。
夕べのごはんも完食していたし、ウンチもいつも通り大量に転がっていた。
まったく病んでいた形跡がない。
だからこそ、癲癇発作だ、と言うのだけれど―

ここ数年痙攣発作もなく、小さな発作はたまに前足を数秒突っ張らせる程度で、
この程度なら服薬の必要はないと主治医も私もそう判断していた。
癲癇は、重積発作の場合には死に至るとは知っているけれど、
たった一度の大発作で命を落とすなんてことがあるのか。。。
その点は医者が言うように「まったくないとは言い切れない」と片付けるしかないのか―
私が見たときには痙攣すらしていなかった。
私は動物たちの異変にすぐに気がつくよう同じ部屋で寝ているので、
大きな物音以前に何度も炎龍が発作を起こしていたことに気がつかなかったとは考えられないし、
同じ部屋でケージで寝ている猫たちも、炎龍が何度も発作を起こしていたのなら
必ず鳴いて騒ぎ出すはずだけど、それもなかった。
唯一ケージ外に出ている千夜も、私が飛び起きるまで一緒に布団の中で寝ていた。
それでも癲癇発作が死因というんだろうか。

いったい何が炎龍に起こったのか。
わからない。

帰宅後、まだ温かみの残る炎龍を抱いて横になり、
そして先ほど・・・炎龍は小さなお骨になりました。
手足や耳、頭部は硬直が始まっていたけれど、お腹はまだ温かみが残っているのに
荼毘に付すのはあまりに惜しく申し訳なかったものの、
けれど次のOFF日まで遺体を残したままにしておくこともできず。
猫たちもすでに動揺しているので。

20111220f_m2.jpg
       昨日の炎龍とまいこ〜。

泣いても泣いても、どう叫んでも、大事な大事な炎龍を失ったこの痛み、
この悔しさはどこにも吐け口がない。
私の哀しみの何倍もの悲哀をこめて泣いた炎龍。
うさぎがあんなに哀しげに泣きじゃくるなんて。
なのに私は何もできず、一口の薬を与える間もなかった。
ラムちゃまを失って4ヶ月、ののちゃんを失ってわずか3週間でこんなことになるなんて、
私は、私の家はどうなっているんだろう。

何もかも終わってしまったように感じる。
だってこの家に、私のそばに1匹のうさぎもいないなんて、
何か大きく宇宙の法則に反しているような気がするから。

ののちゃんを失ってから、これまで以上に炎龍が愛しく大事に思えてならなかった。
なのに、なぜそれほど大切なものが奪われていくのか。
炎龍のいない世界は無意味。
私はもう元気になりたいとも思わない。



これまで炎龍をかわいがっていただいて、ありがとうございました。

20111221for2.jpg






ニックネーム Lin at 20:24| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Linさん!!
バタバタと過ごしていて、ほんとに久しぶりにおじゃましたら…
言葉もありません…
ただただ、私も涙が出て仕方ありません…
ほんとにほんとに…
Linさんの気持ちを思うと…
Posted by momota at 2011年12月21日 20:56
えっ…。ふぉーちゃん、なんで…

正直、急過ぎて頭が理解したくないと拒否してます。記事内ラストフォトを見て、現実だと分かりましたが…それでも、悪い夢であってほしいと思ってしまいます。

こんな時に、どんな言葉をかけても無意味なのかもしれませんし、かける言葉も浮かばなくて……不甲斐なくて、申し訳ありません

ふぉーちゃんも、今までありがとう。
携帯画面越しに、愛らしい姿とエピソードを沢山ありがとう。アナタに笑顔を沢山貰いました。
今も大好きです
Posted by メリル at 2011年12月21日 21:12
Linさん、悔しくて哀しくてやりきれない気持ちで一杯でしょうね・・・
きっとふぉーちゃんはLinさんと暮らせていっぱい幸せだったと思うけど、もっともっと天真爛漫な姿を見せてもらいたかった
ふぉーちゃん、やすらかに
Posted by たま at 2011年12月21日 21:15
信じられない。
ウソでしょう。
Posted by HANA at 2011年12月21日 22:11
ただただ涙が止まりません。

正直、他所の家のウサだし、会ったこともないのですけど、らむちゃまの時もののちゃんの時も、同じように涙が止まりませんでした。

文面から伝わるLinさんの愛情に、自分も乗っかっていたのかもしれません。

ニャンたち、Linさんを支えてねっ!
Posted by haru at 2011年12月21日 22:19
なんて事…
Posted by くろママ at 2011年12月22日 00:26
信じたくない。
なのに涙が止まらない自分に腹を立てています。

ただ思うことは・・・
Linさんがいるとき、
Linさんの腕の中で、ということをせめてもの慰めとします。

まだ、さよならとは言えません。
ふぉーちゃん、こんなに大好きなのに。
Posted by EIKO at 2011年12月22日 00:27
ただただお悔み申し上げます。
本当に信じられません。

しかし、炎龍は本当は5年前
もう既に亡くなっていてもおかしくない子でした。

Lin さんが飼おうとしなければ、
大量の麻酔薬によって眠らされて一生を終え、
冷たい焼却炉で他の実験動物と一緒に焼かれるところでした。

Lin さんにもらわれ、炎龍と名づけられ、
ウサギだけでなく、モルモットや猫たちと一緒にくらした SPF ウサギ。
他にはなかなかいないと思いますよ。

Lin さんにもらわれて5年近く、炎龍が幸せだったのは間違いありません。
いっぱいいっぱい写真も撮られて、きっと毎日が楽しかったことでしょう。

改めて、お礼申し上げます。
炎龍の事、本当にありがとうございました。
Posted by Toku at 2011年12月22日 09:59
まさか、ふぉーちゃん、なんで…
あなたの笑顔はLinさんだけでなく、
わたしにもたくさん元気をくれました。
ありがとう。
でも、もっとずっとLinさんのそばでニコニコ笑っていて欲しかったよ。

Linさんのお体が心配です。
ご自愛くださいね。
Posted by はるみ at 2011年12月22日 16:16
ウソであってほしい。
せめて・・・辛かったけれど、
らむちゃまやののちゃんの時のように、
私にも覚悟の時間かほしかった。
私が思う以上に、Linさんはもっとそう感じているでしょう。
あまりに突然すぎます。
悲しすぎます・・・
Posted by SAI at 2011年12月22日 23:17
不可抗力です。
誰も、何をどうしても、結果は変わらなかったと思います。
たとえふぉーろんちゃんがICUで暮らすうさぎだったしても。
ましてやLinさん以上の看取りができる人が他にいるでしょうか。
どうか自分を責めないで。
Posted by あい at 2011年12月23日 00:54
あまりに突然で、
何も言葉が見つかりません。

Linさん、お体お大事になさってくださいね。

Posted by なをこ at 2011年12月24日 07:45
あまりのことにショックを受け、、、
Linさんのお気持ちを思うと絶句してしまいます。

ほがらかで、やさしくて、大きな大きなふぉーちゃんが大好きでした。
Linさんがどれほどふぉーちゃんを愛していたか、
ふぉーちゃんは十分に感じながら旅立ったと思います。
Linさんにもらわれたうさぎさんは皆例外なく幸せです。
Posted by Loue at 2011年12月25日 20:24
ふぉーちゃん、ふぉーちゃん、ふぉーちゃん・・・・!
Posted by PIGIE at 2011年12月25日 22:46
なんでこういうときに限って!
いつも覗いているのに、このところ忙しさにかまけてネットをおざなりにしていた。
ののちゃんの時も、私は出遅れ。
もう今年はLin家には何事もないと、気を緩めて安心していた。
ふぉーちゃん 何であなたが! 言葉もない。
突然があるのがウサギだと、先生は言うけれど、何もLin家にあって良いことじゃない。
なんだか怒りすらわいてくるけれど、いったいどこにぶつければいいの(−−)
ふぉーちゃん ふぉーちゃん おかーちゃまがかわいそ過ぎるわよ。
いえ違うわよね。ふぉーちゃんだって、おかーちゃまと離れたくなかったのよね。ずっと一緒だって思っていたわよね。

Linさん にゃんたちを見て。
おかーちゃまが泣き暮らしていると、ちやちゃんが不安になるわ。マイケルもルカも、悲しくなるわ。にゃんずが病気になってはいけないわ。
しっかりして。今はにゃんずだけ見てちょうだい。それとチョコちゃんよ。今いる子達を見つめてちょうだい。
ちゃんと食べて、ちゃんと寝てね。
Lin家のウサギたちも大きなねずみも、本当にキラキラしたこの上なく楽しい一生を生きたのだから。この上なく愛情あふれる笑顔の一生をね。
お互いに愛情を交し合ったのだから、心から感謝ね。
ふぉーちゃんのご冥福を、心のすべてで祈ります。
Posted by チーママ at 2011年12月26日 01:51
なぐさめの、言葉もみつかりません。

Linさんと出会い、銀ちゃんを引き取りに、お宅に伺ったとき、少しドキドキしていた私を、にこにこと迎えてくれた、ふぉーちゃん。

あなたの、温かなおおきさ、大きなこころ。忘れられません。

銀次郎にも、優しくしてくれてありがとう。

どうか、Linさん、体調を崩されませんように。
Posted by まゆみ at 2011年12月26日 10:00
なぜに…

Linさんの気持ちを
思うと胸がはりさけそうです。

ふぉーちゃん
大好きだよ。
なでれー!ていわれた
あの日忘れない
もっと会いたかった。
撫でたかった
Posted by みづりん at 2011年12月27日 14:20
Linさん 
さすがに今回は、まだ私も吹っ切れていない。
Lin家の大震災 そんなに簡単に片付くはずもない。とてもじゃないけど、お年賀出せなかったわ(;;)
もう少し気持ちが落ち着いたら…ね。
年が明ける。ウサギたちのいない年は、本当に寂しいわね。穏やかな日が始まりますように。
にゃんずが元気でありますように。
Posted by チーママ at 2011年12月31日 15:49
大変ご無沙汰をしております。

ご無沙汰をしすぎていて突然申しわけございません。


数年前に会社で部署の異動があり、それから忙しくなってしまって
ブログはおろか自宅のPCを開かなかったので、本日大好きなふぉーちゃんの訃報を知りました・・・。
治りかけた傷を痛めてしまったら申し訳ありません。

ラムちゃん、ののちゃんもそうですが・・・
ただ悲しくて、Linさんの悲しみがつらくて
私も本当に悲しいです。
「突然」の死とは本当に受け入れられないものですよね・・・。

私は会社のPCの壁紙をふぉーちゃんにしていた時があるほど、ふぉーちゃんの大ファンでした。

みんなに愛されたふぃぉーちゃん。
何よりLinさんはじめ家族みんなに愛され
愛したふぉーちゃんを
私は絶対忘れません。


ふぉーちゃん・・・。


悲しくって涙がとまらまいです。


Linさん、
ふぉーちゃんは
Linさんが大好きでみんなが大好きで
ののちゃん、ラムちゃんと
またみんなに会えるにまで
穏やかにのんびり過ごしてくれていると
私は思います。
絶対そう思います。


Posted by セリーヌ at 2012年06月09日 23:57