2012年09月28日

すっかり、もとの生活

いきなり暗い飼育小屋に一人ぼっちになって大丈夫かと心配していたチョコですが・・・

それからずっと毎日遭いに寄っているけど、
チョコ、ぜんぜん平気。
ぴょんぴょん嬉しげにびゅんびゅん運動場を走り回っています。
チョコを返した翌日、教職員の方が
「今朝、運動場に出て座っていた。みんなで太ったねと話しています」と教えてくれたので、
私が置いて帰った後、ほどなく思い出して安心したようです。

やっぱりチョコは住み慣れた飼育小屋が好きみたい。
でも、たまにはやっぱり優しくされたり遊んでもらったり、そういうスキンシップもほしいんだろうけど・・・


20120926cho1.jpg

      今がちょうど気候的にも一番いい時期だしね。
      でも、あっというまに冬が来るんだよ。

20120926cho2.jpg

      抱っこして点眼。
      毎日抱っこしていたから、馴れたもの。
      すぐにうっとり、全身の力を抜いてしまいます。

これまでのチョコの半生―小学校で飼われるうさぎとして、
毎年世話をする児童や担当職員が変わるなか、
食べ物すら与えられていないときも何度もあって、
冬には零下10℃以下にもなる場所で、この小さな体を強張らせて凍えにこらえ、
夏には40℃近くにもなる寝室であえぎながら寝ていたこと―
たった1匹で、それでも元気にこれまで頑張ってきたこと、
ただ「かわいそう」ではなく、その健やかさ、たくましさを理解し、
惹かれてほしいと思っています。

もしかしたら教職員が引き取れるかもしれないけれど、
うさぎを飼った経験、チョコに対する関心自体がなくては、
きっとケージに閉じ込められたままになる。
それでは・・・楽しい余生にならない。

だから、チョコといううさぎを理解し、関心を持ってくださる方に託したいのです。

これまで、こんなに頑張ってきたんだもの、
あと数年、いつでも見守られて愛されているという実感の中で生活していってほしい・・・
ぜひ、チョコを迎えてあげてください。


20120926cho3.jpg

       まだまだ「おじいさん」と呼ばれるには早いよね。
       「お、おれっちのこと?じいさんて、誰のことさ」



チョコの里親募集についてのお問い合わせは、下記メールアドレスまでお願いいたします。 
luca_matthew@yahoo.co.jp


20120909cho1.jpg

       7〜8歳。健康な男の子(未去勢)です。
       換毛が終わると、冬季はもっと濃いマロンのコートに変わります。






タグ:里親募集
ニックネーム Lin at 12:06| Comment(2) | チョコの里親募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする