2012年09月23日

チョコの余生を託します

今日、やっとチョコは小学校の飼育小屋に帰っていった。

ほぼ2ヶ月もうちにいたことになる。

毎日の●拾いとちっこ拭きはそれなりに大変だったけど、
私は永年の生活のリズムが戻って、この大変さがやっぱり「私の日常」とも感じた。
なにより・・・
やっと。
炎龍の死から立ち直れたような気がする。
チョコのおかげ。

20120923cho1.jpg

     「おれっちな、これまでの兎生で一番楽しい2ヶ月だったかもしんない」
     ・・・おそらく、きっと、そうだったろう。
     毎日毎食山盛りの野草、パパイヤのおやつにぐちゃまんま。
     暑さにあえぐこともなく、いつも気持ちのいい寝床で、
     そして、まいこ〜やルカちゃんにたくさん遊んでもらって。

20120923cho2.jpg

     「お世話になりやした。・・・って、おれっち、ずっとここにいるんでしょ?」
     そうしてあげられたらいいんだけどね・・・


新たに牧草を敷き詰めて、チョコを放したら・・・
2ヶ月ぶりの飼育小屋をすっかり忘れてしまったらしく、
チョコは怯えてウッドハウスの中に引きこもったまま出てこない・・・

20120923cho5.jpg

     ずっと私や猫たちと一緒に暮らしていて、
     外の気配も忘れてしまっただろうに、、、
     チョコはウッドハウスの中に引きこもったまま。


20120923cho4.jpg

     チョコ、すっかり忘れちゃったの?
     今晩から一人ぼっちで暗い中、大丈夫?
     ・・・泣けてきた。


20120923mj4.jpg

     帰ってきたら、案の定まいこ〜がくすんくすんしていた。
     「・・・ちょんこちゃん、帰っちゃったのきゃ・・・」
     おまえは本当にいつもチョコと一緒にいてくれたものね。
     ありがとう、まいこ〜。


20120923cho6.jpg

     おまえが今頃どうしているかと想像するだけで胸がいっぱいになる。。。



今の私が彼を引き取ることは不可能です。
まだ保護猫2匹が行き先が見つからずうちにいて、
さらには友だちの負傷した保護猫の医療費の資金繰りに奔走している状態では、とても。
これ以上無理をしては、私が関わるすべての動物たちが今以上に不幸な結果になる恐れがあるから。

第一、何もかも私が背負い込むことではない、とも強く思っている。
過酷な境遇から救い出す動物すべてを私が背負うことはない、
ここまではなんとかしてきたのだから、
あとは長い年月の生涯を無理なく、安心して守ってくれる人に託すことこそ
一番大事なことだと思っているので。

で・・・今後チョコがいなくなっても再びうさぎを飼育しないという約束を取り付けるなど、
根本的な問題は残ったままだけれど、
とりあえず、今からチョコの引退先を募集します。

できれば今年の冬は、もうあの飼育小屋に置いておきたくない気持ちも強く、
学校側もそれは同じ気持ちで、
チョコの引退先を私が決めることには賛成していただけると思うので、
下手に保護者や教職員など学校関係者に押し付けるよりも、
ちゃんとうさぎのことを知っている(知ろうとしてくれる)人に託したいのです。

7、8歳にもなる子なので、貰い手があるかどうかはなはだ不安ですが、
ずっと家の中で育ってきた子よりも相当丈夫ですから、
まだまだ元気に長生きしてくれるはず。

毎冬、零下10℃にもなる戸外の飼育小屋で、たった1匹で乗り切ってきたんだもの。
でも、若くて体力があるうちはそれで丈夫になったとしても、
もうこれからは逆にチョコの健康を蝕む環境でしかない。

チョコに、温かいおうちでの余生を送らせてあげてください。
ご検討ご応募、よろしくお願いいたします。


20120923cho3.jpg

       きっと、大事にしてくれるおうちが見つかるよ。
       もしそうなったら、学校飼育のうさぎのあり方として、
       理想的な展開例として注目されると思うよ。
       


チョコの里親募集についてのお問い合わせは、下記メールアドレスまでお願いいたします。 
luca_matthew@yahoo.co.jp


ニックネーム Lin at 23:27| Comment(5) | チョコの里親募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする