2012年09月28日

すっかり、もとの生活

いきなり暗い飼育小屋に一人ぼっちになって大丈夫かと心配していたチョコですが・・・

それからずっと毎日遭いに寄っているけど、
チョコ、ぜんぜん平気。
ぴょんぴょん嬉しげにびゅんびゅん運動場を走り回っています。
チョコを返した翌日、教職員の方が
「今朝、運動場に出て座っていた。みんなで太ったねと話しています」と教えてくれたので、
私が置いて帰った後、ほどなく思い出して安心したようです。

やっぱりチョコは住み慣れた飼育小屋が好きみたい。
でも、たまにはやっぱり優しくされたり遊んでもらったり、そういうスキンシップもほしいんだろうけど・・・


20120926cho1.jpg

      今がちょうど気候的にも一番いい時期だしね。
      でも、あっというまに冬が来るんだよ。

20120926cho2.jpg

      抱っこして点眼。
      毎日抱っこしていたから、馴れたもの。
      すぐにうっとり、全身の力を抜いてしまいます。

これまでのチョコの半生―小学校で飼われるうさぎとして、
毎年世話をする児童や担当職員が変わるなか、
食べ物すら与えられていないときも何度もあって、
冬には零下10℃以下にもなる場所で、この小さな体を強張らせて凍えにこらえ、
夏には40℃近くにもなる寝室であえぎながら寝ていたこと―
たった1匹で、それでも元気にこれまで頑張ってきたこと、
ただ「かわいそう」ではなく、その健やかさ、たくましさを理解し、
惹かれてほしいと思っています。

もしかしたら教職員が引き取れるかもしれないけれど、
うさぎを飼った経験、チョコに対する関心自体がなくては、
きっとケージに閉じ込められたままになる。
それでは・・・楽しい余生にならない。

だから、チョコといううさぎを理解し、関心を持ってくださる方に託したいのです。

これまで、こんなに頑張ってきたんだもの、
あと数年、いつでも見守られて愛されているという実感の中で生活していってほしい・・・
ぜひ、チョコを迎えてあげてください。


20120926cho3.jpg

       まだまだ「おじいさん」と呼ばれるには早いよね。
       「お、おれっちのこと?じいさんて、誰のことさ」



チョコの里親募集についてのお問い合わせは、下記メールアドレスまでお願いいたします。 
luca_matthew@yahoo.co.jp


20120909cho1.jpg

       7〜8歳。健康な男の子(未去勢)です。
       換毛が終わると、冬季はもっと濃いマロンのコートに変わります。






タグ:里親募集
ニックネーム Lin at 12:06| Comment(2) | チョコの里親募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

チョコの余生を託します

今日、やっとチョコは小学校の飼育小屋に帰っていった。

ほぼ2ヶ月もうちにいたことになる。

毎日の●拾いとちっこ拭きはそれなりに大変だったけど、
私は永年の生活のリズムが戻って、この大変さがやっぱり「私の日常」とも感じた。
なにより・・・
やっと。
炎龍の死から立ち直れたような気がする。
チョコのおかげ。

20120923cho1.jpg

     「おれっちな、これまでの兎生で一番楽しい2ヶ月だったかもしんない」
     ・・・おそらく、きっと、そうだったろう。
     毎日毎食山盛りの野草、パパイヤのおやつにぐちゃまんま。
     暑さにあえぐこともなく、いつも気持ちのいい寝床で、
     そして、まいこ〜やルカちゃんにたくさん遊んでもらって。

20120923cho2.jpg

     「お世話になりやした。・・・って、おれっち、ずっとここにいるんでしょ?」
     そうしてあげられたらいいんだけどね・・・


新たに牧草を敷き詰めて、チョコを放したら・・・
2ヶ月ぶりの飼育小屋をすっかり忘れてしまったらしく、
チョコは怯えてウッドハウスの中に引きこもったまま出てこない・・・

20120923cho5.jpg

     ずっと私や猫たちと一緒に暮らしていて、
     外の気配も忘れてしまっただろうに、、、
     チョコはウッドハウスの中に引きこもったまま。


20120923cho4.jpg

     チョコ、すっかり忘れちゃったの?
     今晩から一人ぼっちで暗い中、大丈夫?
     ・・・泣けてきた。


20120923mj4.jpg

     帰ってきたら、案の定まいこ〜がくすんくすんしていた。
     「・・・ちょんこちゃん、帰っちゃったのきゃ・・・」
     おまえは本当にいつもチョコと一緒にいてくれたものね。
     ありがとう、まいこ〜。


20120923cho6.jpg

     おまえが今頃どうしているかと想像するだけで胸がいっぱいになる。。。



今の私が彼を引き取ることは不可能です。
まだ保護猫2匹が行き先が見つからずうちにいて、
さらには友だちの負傷した保護猫の医療費の資金繰りに奔走している状態では、とても。
これ以上無理をしては、私が関わるすべての動物たちが今以上に不幸な結果になる恐れがあるから。

第一、何もかも私が背負い込むことではない、とも強く思っている。
過酷な境遇から救い出す動物すべてを私が背負うことはない、
ここまではなんとかしてきたのだから、
あとは長い年月の生涯を無理なく、安心して守ってくれる人に託すことこそ
一番大事なことだと思っているので。

で・・・今後チョコがいなくなっても再びうさぎを飼育しないという約束を取り付けるなど、
根本的な問題は残ったままだけれど、
とりあえず、今からチョコの引退先を募集します。

できれば今年の冬は、もうあの飼育小屋に置いておきたくない気持ちも強く、
学校側もそれは同じ気持ちで、
チョコの引退先を私が決めることには賛成していただけると思うので、
下手に保護者や教職員など学校関係者に押し付けるよりも、
ちゃんとうさぎのことを知っている(知ろうとしてくれる)人に託したいのです。

7、8歳にもなる子なので、貰い手があるかどうかはなはだ不安ですが、
ずっと家の中で育ってきた子よりも相当丈夫ですから、
まだまだ元気に長生きしてくれるはず。

毎冬、零下10℃にもなる戸外の飼育小屋で、たった1匹で乗り切ってきたんだもの。
でも、若くて体力があるうちはそれで丈夫になったとしても、
もうこれからは逆にチョコの健康を蝕む環境でしかない。

チョコに、温かいおうちでの余生を送らせてあげてください。
ご検討ご応募、よろしくお願いいたします。


20120923cho3.jpg

       きっと、大事にしてくれるおうちが見つかるよ。
       もしそうなったら、学校飼育のうさぎのあり方として、
       理想的な展開例として注目されると思うよ。
       


チョコの里親募集についてのお問い合わせは、下記メールアドレスまでお願いいたします。 
luca_matthew@yahoo.co.jp


ニックネーム Lin at 23:27| Comment(5) | チョコの里親募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

私のせいじゃないもん

予定ではね…本当は昨日チョコを返すつもりだったの。
だけど。
今日、札幌はまた30℃を越える猛暑日の予報だったので(実際その通りになった)、
結局   また1週間滞在なさいますの。

仕方ないじゃーん。
私のせいじゃないってば。
9月半ばに真夏日なんて観測史上初めてらしいです。

20120917l_cho1.jpg

        「ちょんこちゃん、昨日帰らにゃくてよかったにぇ」
        「そうなんだけど、そこ、おれっちの定位置…」


2012091m_cho1.jpg

        「じゃくそんさん、この家の子どもで一番年上なの、おれっちだって知ってる?」
        「ちょんこちゃん、Lin家の長男ににゃったのきゃ?」


きっと、今週末に飼育小屋に返したら、もう1ヶ月もしないで冬支度になるんだろうな。

チョコを返さなくて済んで、私が一番ほっとするやら、
いつまでも家の中が片付かない…とげんなりするやら。

でも、寝ながらうとうとしていて聞く、ポリポリ、パツパツ、シャクシャクという音。
私にとっては一番の幸せの音。


20120917cho3.jpg

       新たな発見。チョコは布類を齧らないことがわかった。
       冬に、カイロも仕込める、ふかふかの布団を作ってあげよう。


20120917cho4.jpg

       この夏の異常気象は、チョコのせいだな〜。まさに天を味方につけたんでしょ。
       「へへへへへへへっ!」







ニックネーム Lin at 19:38| Comment(2) | チョコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

楽しかったみたいね

結局・・・チョコはまだうちにいます。
だって、ぜんぜん涼しくならないんだもん。
ずっとこの1週間30℃近く、しかも湿度が高くて不快。
仕方ないじゃーん。


20120915cho3.jpg

      「へへっ!おれっち、すっかり王子様。
       毎日、おれっち専用の扇風機全開」


毎日まいこ〜とべったりして過ごし・・・
ナデナデと抱っこもたっぷり。
そして、野草とぐちゃまんまも山盛りの毎日。

20120912cho1.jpg

      「Linさんがな、この暑いのに週に2度も新鮮なタンポポや
       オオバコを摘んできてくれるからさ、
       食べてやんないとわりぃっしょ」

20120912m_cho1.jpg

      まいこ〜やルカちゃんと一緒にしゃくしゃくはむはむ・・・

20120912m_l1.jpg

      「おかにゃん、クサ、おかわりにゃ!」
      相変わらず草食がダイスキなまいこ〜。
      猫は胃の中の毛玉を吐くために草を食べるといわれるけど・・・
      まいこ〜は食べたくて食べているので、決してこの後吐くということもしません・・・


20120914cho1.jpg
   
      毎日ウラジロガシ入りのぐちゃまんまも欠かしません。
      うちにいる間に大量の砂のようなカルシウム尿を排泄した。
      今度から遭いに行く時もできるだけぐちゃまんまを作って持っていってあげよう・・・・

20120914mj1.jpg

      なぜか。まいこ〜までぐちゃまんま大好き。
      いいのか、にゃんこのくせに。


20120914m_cho1.jpg

      「Linさん、おれっちのまんま・・・」
      仲良く分け合ってね・・・まいこ〜、あんた、ベジタリアンのにゃんこになれるかも。


ちょっと新たな発見。

よくウサギと言えば「ニンジン」みたいなイメージが一般的にあるけれど、
少なくともこれまでうちの子たちは、さほどニンジンは好まなかった。
そもそも根菜はうさぎの自然な食生活としては合わないものね。

なのに・・・チョコはニンジンが大好き。
毎食あげるニンジンを残したことがない。
なので、チョコがいたこの1ヵ月半の間、これまでにない量のニンジンを消費した。

おそらく・・・学校では、チョコにあげる野菜と言えばイメージどおりの「ニンジン」というパターンで、
ずっと小さいころから食べなれていたからかもしれない。
こんなにニンジンをもりもり食べるうさぎ、初めて見たよ。

20120915cho2.jpg

      「ごっつぉおさん」
      うちにいる間にかなり太りました。
      計画通りです。
      厳しい冬に備えて備蓄したんです。
      でも・・・換毛がストップしたまま。


でもね・・・いよいよこの連休最終日には飼育小屋に帰ります。
天気予報でも明日からやっと涼しくなるようなので、
これ以上うちに留めておく理由がなくなるので。

毎日2,3度は敷居のちっこの後始末が大変だったけど、
毎日部屋中に散乱する●の後始末も大変だったけど、
そんな修行も本当にいよいよおしまい。

チョコ、今さら飼育小屋に一人ぼっちになって、寂しくないだろうか。

冬までに、なんとか飼育小屋に延長コンセントを引くことはできないか、
一度相談しようと思っている。
電源さえあればペットヒーターを使えて、氷点下の真冬もかなりラクになる。

とてもじゃないけど・・・ますます私の気が休まらない。


20120915cho1.jpg

      「・・・ぷふっ・・・」
      人間の私が勝手に心配しているだけで、
      チョコはやっぱり住み慣れた飼育小屋が一番すきなんだ、と思うことにしている。





ニックネーム Lin at 00:00| Comment(1) | チョコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

修行の日々も、そろそろ・・・

9月になったというのに、まだ連日30℃近くの日が続いています。
何十年ぶり過の記録的残暑らしいです。

で、チョコも記録的に長くうちに留まったまま。
7月下旬にうちにつれてきてからだから、もう1ヶ月以上になる。

とは言っても・・・今週半ばには25度程度に落ち着きそうなので、
いよいよ彼を飼育小屋に返さなくてはならないのも目前なのですが。

20120902cho1.jpg

       「おれっちな、Linさんが引き留めるからさ」

20120902m_cho1.jpg

       毎日、まいこ〜にたくさん遊んでもらって、


20120902l_cho1.jpg

       いとしのルカちゃんにも優しくしてもらって、


20120902cho2.jpg

       毎日野草とグチャマンマをたらふく食べて、、、


いやぁ、ちょっと大事にしすぎちゃったかな。
朝晩野草、夜にはウラジロガシ粉末入りのぐちゃまんま(ほとんど砂のようなチッコをするので心配)、
パパイヤのおやつ&点眼&扇風機独り占め。
これでまた飼育小屋に帰ったら、あまりの落差に逆に体を壊さないだろうか・・・

環境という点で言えば・・・

チョコがこんなにまいこ〜とルカちゃんに夢中になるとは予想外だった。
考えてみると、彼は最初兄弟で小学校で飼われ始めたらしいけど、
オトナになって兄弟と大バトルの末、その兄弟に深傷を負わせて、
それが元で兄弟うさぎは死んで(そう、彼は兄弟殺しの前科者なの)、
以来・・・彼はずっと孤独な生活。
仲間と寄り添いあうことも知らずに孤独に生きてきたから、
たとえ種が違っても、自分と同じ目線で触れ合ってくれる猫たちに夢中になったんだと思う。

そう思うと、必死にまいこ〜の後を追うチョコの姿が切ない・・・

そして。
うさぎのおかげでしばらくぶりに修行のような毎日を再現した私。
泣かずにチョコをあの小屋に置いてこれるかな・・・


20120902mj1.jpg

      「え・・・?ちょんちゃん、もうすぐ帰っちゃうのきゃ?」
      まいこ〜は本当にチョコとくっついてばかりだから、
      まいこ〜も寂しがるだろうな・・・




ニックネーム Lin at 00:00| Comment(0) | チョコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする