2012年06月27日

6月のうさぎ

その後、チョコの目は・・・

事情を話して病院から処方してもらった抗生剤と、
できるだけ毎日の点眼で、なんとか治りました。

ここで「完治」と書けないのは・・・
チョコが暮らす不衛生な環境では、多分一時しのぎにしかならないだろうと予測しているからで。

それも問題なんだけど、
いつもタオルで簀巻きにして投薬してたからか、
それとも子どもたちの中に追い掛け回すような子でもいるのか、
最近は警戒してなかなかなでらせてくれなくなっちゃった。

私が今、直接手を掛けることができるうさぎはチョコだけ。
永年の兎友だちとの唯一の接点と感じている大事なうさぎなのに。


20120624cho1.jpg

     学校では牧草とペレットだけは潤沢に用意してくれるようになったので、
     2ヶ月に一度は寝室の牧草を全部取り替えることができるようになった。


20120624cho2.jpg

     3年もたって、ようやく私の手作りのウッドハウスに入ってくれるようになったか。
     「へへっ」
     


この夏は保護猫たちがいるので、チョコを避暑させられないと思う。
私の兎生活はいつになったら復活するのか・・・



※保護猫の里親募集ブログもよろしく。
猫好きな方がいたら紹介してくださいね。
   『Lin家の掟』



先日6月25日は、あ、M.Jが3年前に急逝した日  でもありますが、
炎龍が2007年にLin家にやってきた記念の日でした。

まったく臆することなく、大はしゃぎで走り回っていたっけ。
3匹の姉妹のなかで「一番大きい子を」と、いただいた子。
でも一番おとなしい子だ、ともTokuさんに言われていたので、
あまりのはしゃぎっぷりと警戒心のなさに唖然としたのでした。


この子、大学の研究室に迎えにいったら、
(おそらく)まずいであろう研究動物用のペレットを、
目を細めて、にこにこ嬉しそうに食べていた。
私はその様子を見ただけで、ただただ、胸がいっぱいになったのを憶えている。


2007_0625for1.jpg

      2007年6月25日の炎龍。走り回るのとニオイ付けに忙しい。


2007_0626for1.jpg

      最初から最期まで、無邪気で陽気な子でした。






ニックネーム Lin at 10:26| Comment(8) | チョコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする