2011年11月10日

去年と同じ時に

さて、また闘いです。

去年のちょうど今頃、ラムタラが倒れ、それから今年の8月まで長い闘病生活が続いた。
で、今年もまた皮肉なことに、ちょうど同じ頃にののちゃんの闘病が始まるのか・・・

おとといから、尿に血液が混じっていることを確認したので
(濃い血液ではなく、薄く混じる状態。今のところは)、
これは・・・泌尿器系か子宮系の病気と判断できていた。
願わくば故ハイジのように、手も足も出ないような病気ではないことを祈るしかない・・・

20111110n_c2.jpg

今朝まではケージから出てみんなと一緒に野草を食べていたけれど、、、
今晩からはもう出て来なくなっちゃった。


20111110non3.jpg

食欲も朝まではまあまあ。でも日中からはほとんど食べていない。


病院では思ったとおり、膀胱や子宮にはっきりとした影は見つからず、
よっぽど膀胱や尿管に尿結石、子宮に腫瘍、とはっきりすれば
すぐにも手術断行、と次の段階に進められるのに。

しばらく抗生剤を(膀胱炎の可能性もあるので)続けて、
数日後改めてエコー診察を受けて、疾患の部位を確認することに。
それと、自己判断でラムちゃまが残していったステロイドも加える。
鎮痛剤として効果があるようなので。

ただ・・・
おそらく、やはり泌尿器系なんだろうと思っている。
尿結石はペレットしか食べていない子に多いらしいけれど、
特に夏場は大量の野草、普段から水をたくさん飲んでいるののちゃんには
あまり当てはまらないような気もするけど、
でも排尿の際に痛がって鳴くし、
調べてみると子宮系統の病気の数倍の報告例があるし、
なにより・・・残念なことに故ハイジと症状がそっくり。

なんてこったい。

20111110non2.jpg

また毎朝・毎晩のステロイド投薬が始まるのか・・・
にゃんこに鳴かれるより、ののちゃんに鳴かれるのが一番辛いんだよね。
モルモットの鳴き声は、なぜだかいつも私を緊張させる。


20111110n_c1.jpg

なぜだか昨日から千夜がののちゃんの様子を気にしてそばにつきっきり。
「ママ・・・ののねいにゃん、元気がにゃいよ」


とにかく、現段階で悲観的になっていても仕方ない。
できる限り―ただし、もう故ハイジの時のように、一か八かで開腹するということはもうしない―
結石を流す効果を期待してウラジロガシ入りグチャマンマと、
保温と投薬でもう少し頑張ってもらおう。
明日からもう少しステロイド剤も増量してみる。

20111110non4.jpg

もうバナナも一口程度しか食べない。
ののちゃん、頑張って食べてね。
一緒に頑張って乗り切ろうね。




ニックネーム Lin at 00:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする