2011年11月06日

黄昏の、ののちゃん

夕べから、ののちゃんの様子が少しおかしく、ちと心配。

夕べはずっとケージの中の牧草フィーダの下にうずくまるようにじっとしていて、
野草のゴハンを出しても、ついに自分からケージから出てこなかった。
もちろん、こんなこと初めて。

20111106non1.jpg

それでも、ケージの中に入れてあげたバナナと野草は全部食べたものの・・・
第一、ゴハンの時いつものようにピュイピュイ鳴くこともしなかった。


まだ必要ないと思っていたけれど、
ウッドハウスの天井に仕込んでいる遠赤外線ヒーターのスイッチを入れ、
半ば強制的にウッドハウスの中に入れて、体を温めることに。
もしかしたら発熱でもしているのか・・・

でも、今朝にはゴハンの時自分から出てきた!

20111106f_n2.jpg

食欲はまあまあ。いつもほどの勢いがないけど。
夕べのうちにペレットもいつもの半分くらいは食べていた。


20111106f_n1.jpg

なんか表情がさえないのよねぇ・・・


どこか痛がっている様子もないし、体を調べても特別いつもと違う様子は確認できないし、
ウンチもちっこもちゃんとしてるし。
実際、本当に発熱しているかどうかもはっきりとしないし。
正直、うさぎと違ってモルの発熱という事態はあまり経験がないので、自信がない。

もしや、私の知らないうちに、猫に怖い思いでもさせられたのか、とも想像したのだけど、
ゴハンに出てきたときには、一緒に草に群がる猫たちを恐れる様子もないし、
念のため日中はケージの扉を閉めて、
猫が入り込むことがないようにもしてみたけど(時々にゃんこがののちゃんのペレットを盗み食いする・・・!)
別段・・・変化もなく。
やはり原因はそういう種類でもなさそう。
念のため抗生剤を投与してはみたんだけど。

20111106non3.jpg

コーンロープを齧ってみたりもしたけど、すぐにまたケージに引っ込んじゃった。


日中は結局ケージから1歩も出ず、牧草フィーダの下にうずくまるか、
ハウスの中に閉じこもりっきり。

それでも、夜のゴハンタイムにはまたちゃんと出てきて、
みんなと一緒にバナナと草を食べた。

20111106f_n3.jpg

夜のゴハン。やっぱりいつもの半分程度しか食べないけど、
自分で出てきてくれただけでも夕べよりはマシと思える。


20111106non2.jpg

いっぱい食べなきゃ。モルの体は燃費が悪いんだから。


20111106non4.jpg

今はまたハウスに引っ込んだきり。
ヒーターで体を温めるのは悪いことではないけど。
グチャマンマを出しても出てこなかったので、ケージの中に入れてあげた。



昨日あたりから底冷えがするような寒さになってきたので、
季節の変化が何か影響したのか。
原因不明の白内障や後ろ足の付け根の腫れ物とか、いろいろ心配事を抱えているののちゃんの体―
しばらく用心して観察しなきゃ。



ところで、今朝方―
起き上がったときに、寝ぼけて何かに足を捕られて転倒し、
床に側頭部を強打した私。
頭の痛みに「脳内出血したかも〜」と冗談言いながらも、そのまままた寝ちゃったんだけど、
起きたら頭はもうぜんぜん痛くないし、タンコブもないので、
「やれやれ」と、それでおしまいの話だったはずなのに・・・

左足の親指が痛い・・・?

しかも、時間がたつほどに、じんじんずきずき。
当初異常なかったように見えていたのに、今はすごい腫れあがり方で、
指の裏の付け根部分が黒くなってる。
家の中ではともかく、とても靴を履いてでは痛くて歩けない・・・!
この季節なのに、指先の出るサンダルじゃないとダメっぽい。
明日までに多少でもどうにかならないと、出社できないかも。


・・・そもそも、ひねったのか、打撲なのかも記憶にない。
記憶にあるのは頭をしたたか打ったことだけで。
だいたい、足の親指だけ負傷って、どうしたらそんなことになるのか・・・

20111106mj1.jpg

「おかにゃん・・・ルカのこと笑えにゃい運動神経だにゃ・・・」


20111106chi1.jpg

「頭が痛い〜と言いにゃがら、そのまままたすぐに寝ちゃったママって・・・」





ニックネーム Lin at 00:00| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする