2011年11月29日

おやすみ、ののちゃん

ののちゃんが永遠の眠りに就きました。

今日は1日中、いつ息を引き取っても、という状態で目が離せないでいたけれど、
それでも強制給餌や投薬でもしっかり飲みこむ力は失せず、
もしかしたら明日朝まで頑張ってくれるのか、と思うようになっていた。
この状態になってからすでに丸3日。
信じがたいほどの生命力だ。

でも9時過ぎに、少し様子が落ち着かなくなったので、
撫でてあげると落ち着くため、フリースにくるんで抱き続け、
そのまま顔をくっつけあって私も横になって、うとうとしている間に―

なので、彼女の最期は意識にないのだけれど、
何か夢を見たような気がして目を開けたとき、
まだすぐに死んだと気がつかないほど体も温かかったので、
本当に静かに静かに、ひっそりと息を引き取ったようだった。
鳴き声一つあげず、みじろぎもせず―
おそらく、29日になるほんの少し前。

これまでで一番いい看取りだったのかしれない。
しっかりかかえ抱いて一緒に寝ている間に、彼女もまた眠るように息を引き取った。

ありがとう、ののちゃん。
あなたがどれほど私の心を明るく照らし続けてくれたか、
あなたの存在がどれほど私を慰めてくれたか、
それは正直―ウサギや猫以上のものだった。

そして、治してあげられなくてごめんなさい。
いつも私を信頼して、愛してくれたのに、何も応えてあげられず―

もっと一緒にいたかった。
あなたほどかわいくて勇敢でまっすぐなハートのねずみはいない。

さようなら、nonno-野の子。

20111128non1.jpg
     21時過ぎの頃の、ののちゃん。
     ずっと朦朧としていた感じだったのに、
     この時だけとてもはっきりと覚醒していた。
     いつもの、ののちゃんの表情だった。




ニックネーム Lin at 01:45| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

静かなののちゃん

ののちゃんは昨日から、もはや歩くこともできなくなってしまった。
ゆうべからずっと彼女のそばで、少しずつ投薬や強制給餌、そしてひたすらなでている。

ずっと、こんなに頑張ってきているのに。

20111125non1.jpg

     25日夜までは自分でケージから出て、ゴハンを食べる炎龍に触発されて、
     一口程度は自分で食べてみたりもしていた。

今も強制給餌の後は、「口の中に何かが入る感触」を思い出すのか、
牧草を口にしてみたりもするし、
わざと至近距離で炎龍に何かを食べさせると、
その気配が刺激になって、自分も野菜やペレットを口にしようとするけれど、
もう・・・夕べからは固形物を噛む力も失ってしまったようで、
ただ口を動かすだけで、その中には何も入っていない。

2日前からは下痢もし始めていて、整腸剤なども一切利く様子もなく―
長く病んでいた子の最後に見られる特徴だ。
体全体の臓器の機能も失われ始めているのだと思う。

ののちゃんは決して諦めていないのに。

20111126non2.jpg

     昨日からカイロも入れてみた。これは気に入った様子。

20111126non1.jpg

     投薬や強制給餌を抵抗する力も弱くなった。
     それでも撫でると、嬉しそうに気持ちよさげに目を閉じる。

ただ一つ、おそらくこれが彼女にとっての最後の幸運は・・・
もはやあまり痛みも感じなくなったのか、痛がって鳴くことがまったくなくなったこと。

20111127non1.jpg

     今はもう静かに横たわるだけ。

私は何も学ばなかった。
故ハイジの痛ましい死から、そしてこれまでの子たちの死からも。
学んだところで、彼女を救う手立てがあったかどうか―
そう思うのは結局学ばなかった人間の自己弁護でしかないけれど。

そう思うのは、
彼女が私を愛してくれているから。
「ののちゃん、おかぁちゃま、ここにいるよ」と声をかけるたび、目が笑うから。
彼女はこんなときでも、きっと私が何か自分にとっていいことをしてくれるに違いない、と
揺るがず信じている。

なのに私は、
こうして静かに沈んでいく命を、私もまた静かに、ただ、見守るしかない―

20111127non3.jpg

     愛しているよ、私の世界一愛しいねずみちゃん。




ニックネーム Lin at 12:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

絶望なんかしない

ののちゃんの病状は日に日に・・・いい材料は一つもなく。
出血の量も増える一方なので、悪化していることは明らか。

けれど、ただ一つだけ希望が持てるのは、
ここ2日ほど彼女は痛みに耐えながらも、少しでもチャンスがあれば
自分で何かを食べようとしていること。

20111123non2.jpg

     もう生の野草はないけれど、夏の間に乾燥させておいた野草をちょろちょろ食む。
     よかった・・・乾燥した野草を作っておいて。

20111123non1.jpg

      自分からケージを出て、牧草箱の中に入って牧草をつまむ。
      青梗菜やにんじんを口にすることも。

投薬や青汁の強制給餌も欠かせないけれど、
様子を見計らって、自分で何かを食べようとしているときは
なるだけ・・・彼女の好きなようにして「食べること」への意欲がそがれないようにしている。

強いなぁ。
ののちゃんは生きることに前向きだ。
生きなきゃならない、ただその一念で一生懸命口に入れようと頑張っている。
理屈じゃない。
いのちというのは、それだけから尊い。

私はただただ彼女の生きようとする意志を、
持てる力の限りサポートするしかないだけ。

20111123n_l2.jpg

       「にょにょねいにゃん・・・元気出してにゃ」
       ののちゃんを膝において投薬や強制給餌が始まると、猫たちが心配げな表情で集まる。

20111123n_l3.jpg

       「泣かにゃいで。りゅかちゃんも哀しくにゃるよ」
       特にルカちゃんは、ののちゃんの泣き声に動揺するのです。

20111123n_l1.jpg

       「るぅちゃん、あたちゅい頑張ってるから、るぅちゃんも泣くんじゃないでちゅよ」 


ののちゃんは気が強いところがあって、
私以外の人が、特に口元をさわろうとすると、反射的にサクッと噛み付いたりする。
けれど、私には絶対に、これまでも一度も噛み付いたりしたことはない。
嫌がるのに、無理やり強制的にシリンジを口に入れるときも、
青汁で濡れた口元をぬぐうときも、絶対に。

こんなに小さなねずみでも、
自分にとって私というニンゲンが多少は・・・大切な存在に思ってくれていることが
哀しいやら、いじらしいやら―

ラムちゃまとおんなじ。
どんなに辛くても、私がなでると嬉しそうに、心底安心したように目を閉じる。
よっぽど、食べ物をもらう以外に求められない存在の方が気が軽い。。。

20111123non3.jpg

      こんなに抱いてなでるのは、今までに一度もなかったね。

20111123f_m2.jpg

      「ののねぃにゃん、まだ治らにゃいのか」
      「坊やも励ましてやるですよ・・・」




      
ニックネーム Lin at 23:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

ののちゃん、疲れたね・・・

今日、ののちゃんはもう何も口にしていない。
夕べはまだ一口バナナとキュウリをかじってくれたけど、
今は2,3時間おきに私が強制的に与える青汁のみ。
すでに体力の限界が来ているので、通院も危険になってきた。

日に日に出血の量が増えてきた。
・・・結局、これは故ハイジと同じ病気だったと認めざるをえないか・・・

20111118non1.jpg

      辛そうな表情が増えてきて、ほとんど動かなくなってしまった。

20111118non2.jpg

      日中、投薬や強制給餌のときはまだいつものきかんきな表情もあったけれど。

20111118non3.jpg

      今はもう痛みに耐えることに疲れきった表情になってしまった。



ニックネーム Lin at 00:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

カルシウムの呪いか

今日もののちゃんの通院。
今できることは抗生剤投与と、とにかく尿量を増やして結石が流れやすくすなるようにすること。
なので今日はリンゲル液20cc投与。

20111115non1.jpg

      ランチBOXバッグの中には・・・ホカホカのねずみ。
      この時期のモルモットの通院に便利な保温バッグ。
      カイロも仕込んでいます。

私としては、ますます結石に違いない、
それも完全に固形ではなく、膀胱か尿管に砂状にたまっているんだ、という確信を強めている。
それだけに手術は難しく、なんとか自力で排石させなくてはならない、と。
やはり、ハイジと同じ膀胱癌ではない、と。

20111115non2.jpg

      今年の春頃にはこのバッグがぴちぴちだったのに、
      なんと小さくなってしまったことか・・・

それにしても、
ハイジの時もそうだったけれど、
普段からパパイヤ以外のおやつも与えず、
野菜もできるだけ低カルシウムのものを選んで、
夏場は自然の野草を食べさせ、
ほとんど毎日ウラジロガシの粉末入りのぐちゃまんまを食べさせていても―
なんでこうなるのか。

おそらく・・・これでカルシウムのことを気にかけずに育てていたとしても、
結果は変わらなかった気がする。

もし、ののちゃんが故ハイジと同じ膀胱癌とはっきりしたら、
私は完全に白旗をあげて、モル道からは撤退します。

あんまりだ。
あんまりだもの・・・

20111115non3.jpg

        ケージの掃除のときだけ、フリーにさせてみるのだけど、
        彼女はもはやケージから出たいという気にもなっていないので、
        ケージ外でも隅っこでぽつねん・・・

20111115non4.jpg

        清潔第一にしなきゃ、とお尻のコートを刈り上げてしまったので、
        完全にパンツ丸出し。
        女の子なのに、ごめんね・・・


20111115for2.jpg

        ふぉーちゃん、あんたは大丈夫?
        母さん、心配が絶えないよ。
        「おがざん次第でそ?」
        

・・・つくづく、草食動物の飼育管理は難しい、と改めて。
猫の100倍はデリケート。
猫は100倍ラク。
幸い、うちの猫たちが皆健康優良児だから言えることなんだけど。

20111110chi3.jpg

       「ママ、にゃんこたちがみんな元気で、親孝行と思ってにゃ」
       そうだね、健康でいてくれることが一番の親孝行だよ。

それでも今日は通院後、青梗菜とサラダ菜に少し食いついた。
いつも目新しいものには最初だけ食いつくけれど、後が続かない。
なんとか青梗菜とサラダ菜だけでも食べ続けてくれれば・・・

大事なことは、
私自身がめげないこと。


※励ましのメール、ありがとうございます。



        

ニックネーム Lin at 20:37| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

ののちゃん、好転ならず

ののちゃんが衰弱してきています。

無理もない。
日に日に食べられなくなってきて、
おとといからはウラジロガシの抽出液で溶いた青汁を強制給餌している。
毎日炎龍に引けをとらないくらい食べていたのに。
すっかりやせて、背中がゴツゴツ。

20111112non1.jpg

なぜかウッドハウスに入るのを拒むようになったので、
ウッドハウスの天井に仕込んでいた遠赤外線ヒーターをいつもうずくまる場所に配置換え。

昨日も病院でレントゲンを撮ったけれど、
やはり膀胱の辺りが白っぽいとはいえ、はっきりと結石と確認できるものまでは映らず。

私としては、これは結石―砂状になったものが尿管に詰まっているのでは、と推測している。
故ハイジの時のような膀胱癌とは違う、と。

なぜって発病してから(発覚してから)すでに10日。
癌の症状が発露したのであれば、
こんな小さな体の子がこんなに頑張れるわけがない。

20111114non3.jpg

あれこれ差し出してみても、もはやまったく食べる気なし。
排尿のたびに痛くて悲鳴を上げている・・・


さいわい排尿はできているので、完全に詰まっているわけじゃない。
とは言え、ぜんぜん何も口にしないので、水分不足ではさらに悪化させてしまう。
せめて今日明日は1〜2時間おきにでも強制的にウラジロガシ入り青汁をせっせと飲ませなきゃ。

20111114non1.jpg

いやがってかわいそうだけど、このまま水分・栄養不足にはできないから、
頑張って飲んでね。


20111114non2.jpg

それでも、撫でてあげると気持ちよさげに。
・・・私の世界一かわいいねずみちゃん。負けるな。


20111114for1.jpg

ふぉーちゃんみたいにゴクゴク豪快に飲んでくれればいいんだけど。


20111114for2.jpg

「あだすだって、ののざんが心配ですよ」
背中に乗せてあげる相手がいなくなったら寂しいものね。


20111114mj1.jpg

「おかにゃん、大丈夫にゃ。
ののねいにゃん、きっと元気ににゃるから」
まいこ〜、おまえのその縁起のよさげなお手々で、幸福を招いておくれ。




ニックネーム Lin at 11:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

去年と同じ時に

さて、また闘いです。

去年のちょうど今頃、ラムタラが倒れ、それから今年の8月まで長い闘病生活が続いた。
で、今年もまた皮肉なことに、ちょうど同じ頃にののちゃんの闘病が始まるのか・・・

おとといから、尿に血液が混じっていることを確認したので
(濃い血液ではなく、薄く混じる状態。今のところは)、
これは・・・泌尿器系か子宮系の病気と判断できていた。
願わくば故ハイジのように、手も足も出ないような病気ではないことを祈るしかない・・・

20111110n_c2.jpg

今朝まではケージから出てみんなと一緒に野草を食べていたけれど、、、
今晩からはもう出て来なくなっちゃった。


20111110non3.jpg

食欲も朝まではまあまあ。でも日中からはほとんど食べていない。


病院では思ったとおり、膀胱や子宮にはっきりとした影は見つからず、
よっぽど膀胱や尿管に尿結石、子宮に腫瘍、とはっきりすれば
すぐにも手術断行、と次の段階に進められるのに。

しばらく抗生剤を(膀胱炎の可能性もあるので)続けて、
数日後改めてエコー診察を受けて、疾患の部位を確認することに。
それと、自己判断でラムちゃまが残していったステロイドも加える。
鎮痛剤として効果があるようなので。

ただ・・・
おそらく、やはり泌尿器系なんだろうと思っている。
尿結石はペレットしか食べていない子に多いらしいけれど、
特に夏場は大量の野草、普段から水をたくさん飲んでいるののちゃんには
あまり当てはまらないような気もするけど、
でも排尿の際に痛がって鳴くし、
調べてみると子宮系統の病気の数倍の報告例があるし、
なにより・・・残念なことに故ハイジと症状がそっくり。

なんてこったい。

20111110non2.jpg

また毎朝・毎晩のステロイド投薬が始まるのか・・・
にゃんこに鳴かれるより、ののちゃんに鳴かれるのが一番辛いんだよね。
モルモットの鳴き声は、なぜだかいつも私を緊張させる。


20111110n_c1.jpg

なぜだか昨日から千夜がののちゃんの様子を気にしてそばにつきっきり。
「ママ・・・ののねいにゃん、元気がにゃいよ」


とにかく、現段階で悲観的になっていても仕方ない。
できる限り―ただし、もう故ハイジの時のように、一か八かで開腹するということはもうしない―
結石を流す効果を期待してウラジロガシ入りグチャマンマと、
保温と投薬でもう少し頑張ってもらおう。
明日からもう少しステロイド剤も増量してみる。

20111110non4.jpg

もうバナナも一口程度しか食べない。
ののちゃん、頑張って食べてね。
一緒に頑張って乗り切ろうね。




ニックネーム Lin at 00:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

黄昏の、ののちゃん

夕べから、ののちゃんの様子が少しおかしく、ちと心配。

夕べはずっとケージの中の牧草フィーダの下にうずくまるようにじっとしていて、
野草のゴハンを出しても、ついに自分からケージから出てこなかった。
もちろん、こんなこと初めて。

20111106non1.jpg

それでも、ケージの中に入れてあげたバナナと野草は全部食べたものの・・・
第一、ゴハンの時いつものようにピュイピュイ鳴くこともしなかった。


まだ必要ないと思っていたけれど、
ウッドハウスの天井に仕込んでいる遠赤外線ヒーターのスイッチを入れ、
半ば強制的にウッドハウスの中に入れて、体を温めることに。
もしかしたら発熱でもしているのか・・・

でも、今朝にはゴハンの時自分から出てきた!

20111106f_n2.jpg

食欲はまあまあ。いつもほどの勢いがないけど。
夕べのうちにペレットもいつもの半分くらいは食べていた。


20111106f_n1.jpg

なんか表情がさえないのよねぇ・・・


どこか痛がっている様子もないし、体を調べても特別いつもと違う様子は確認できないし、
ウンチもちっこもちゃんとしてるし。
実際、本当に発熱しているかどうかもはっきりとしないし。
正直、うさぎと違ってモルの発熱という事態はあまり経験がないので、自信がない。

もしや、私の知らないうちに、猫に怖い思いでもさせられたのか、とも想像したのだけど、
ゴハンに出てきたときには、一緒に草に群がる猫たちを恐れる様子もないし、
念のため日中はケージの扉を閉めて、
猫が入り込むことがないようにもしてみたけど(時々にゃんこがののちゃんのペレットを盗み食いする・・・!)
別段・・・変化もなく。
やはり原因はそういう種類でもなさそう。
念のため抗生剤を投与してはみたんだけど。

20111106non3.jpg

コーンロープを齧ってみたりもしたけど、すぐにまたケージに引っ込んじゃった。


日中は結局ケージから1歩も出ず、牧草フィーダの下にうずくまるか、
ハウスの中に閉じこもりっきり。

それでも、夜のゴハンタイムにはまたちゃんと出てきて、
みんなと一緒にバナナと草を食べた。

20111106f_n3.jpg

夜のゴハン。やっぱりいつもの半分程度しか食べないけど、
自分で出てきてくれただけでも夕べよりはマシと思える。


20111106non2.jpg

いっぱい食べなきゃ。モルの体は燃費が悪いんだから。


20111106non4.jpg

今はまたハウスに引っ込んだきり。
ヒーターで体を温めるのは悪いことではないけど。
グチャマンマを出しても出てこなかったので、ケージの中に入れてあげた。



昨日あたりから底冷えがするような寒さになってきたので、
季節の変化が何か影響したのか。
原因不明の白内障や後ろ足の付け根の腫れ物とか、いろいろ心配事を抱えているののちゃんの体―
しばらく用心して観察しなきゃ。



ところで、今朝方―
起き上がったときに、寝ぼけて何かに足を捕られて転倒し、
床に側頭部を強打した私。
頭の痛みに「脳内出血したかも〜」と冗談言いながらも、そのまままた寝ちゃったんだけど、
起きたら頭はもうぜんぜん痛くないし、タンコブもないので、
「やれやれ」と、それでおしまいの話だったはずなのに・・・

左足の親指が痛い・・・?

しかも、時間がたつほどに、じんじんずきずき。
当初異常なかったように見えていたのに、今はすごい腫れあがり方で、
指の裏の付け根部分が黒くなってる。
家の中ではともかく、とても靴を履いてでは痛くて歩けない・・・!
この季節なのに、指先の出るサンダルじゃないとダメっぽい。
明日までに多少でもどうにかならないと、出社できないかも。


・・・そもそも、ひねったのか、打撲なのかも記憶にない。
記憶にあるのは頭をしたたか打ったことだけで。
だいたい、足の親指だけ負傷って、どうしたらそんなことになるのか・・・

20111106mj1.jpg

「おかにゃん・・・ルカのこと笑えにゃい運動神経だにゃ・・・」


20111106chi1.jpg

「頭が痛い〜と言いにゃがら、そのまままたすぐに寝ちゃったママって・・・」





ニックネーム Lin at 00:00| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする